• 思考
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

借り物の言葉を使うなかれ

Pocket
Share on LinkedIn

 <For great choices in life> 
人生の偉大な選択肢を

5062610334_eaefbbaf89_z


STEP1  家康は家康 自分は自分

 5年ほど前に松下政経塾で合宿をしたときに聞いた講話の内容です。

作家山岡荘八氏の家康の伝記が『経営者のバイブル』になっているのを聞いて

『僕は読む必要がない』とキッパリ言いきりました。

面白いから気分転換になるからと言われれば読まないこともないが

経営の参考やバイブルとまで言われるなら『読まない』というところにとても深い印象を覚えました。

何故なら家康は家康の時代、境遇、侍という環境での成功であって

今の自分の立場で成功する事とは繋がらない。

面白いからと言うのであれば読むが、絶対に読まなければ成功しないなんて物ではないと言うのです。

僕は『まぁ屁理屈だけど、そうだな〜』と思いました。

ところがある人と出会って改めて『家康は家康、自分は自分』という意味を噛みしめることになりました。

 


3067374593_894b00f83f_z


STEP2 どんなリーダーも学びはあるが

 その人は『ある経営者を崇拝し常にそれだけを信じて』経営していました。

仕事で語る言葉は『崇拝する経営者の言葉』の引用であり

会社の仲間にも『その経営者の本』を読ませます。

するとどうなるでしょう?

ひとり。またひとりの社員は辞めていったそうです。

『なぜだ!ワシは崇拝する経営者の通りやってるのに。なぜみんな分からない!』

そうやって悩み続けました。

確かに『その本には素晴らしい内容が書かれて』あります。

でも、『それは崇拝する経営者の時代、境遇、立場があるから出来たのであって』

それを金科玉条にして『崇拝しても仲間の心』は熱くなりません。

僕らには毎日多くの学びがあります。

しかし、その学びを全部借りてきて話してはなりません。

なぜなら『いくらあなたが素晴らしい事を唱えても天地自然の法則に則ってなければ受け入れられないからです』

「この世のすべての物(者)は自分が一番大切で自分を大切にしてくれる所にあつまる」

借り物の理念よりも、本当に仲間の事を考えて考える理念に人は動きますよ!

最後に相田みつをさんの詩で終わりましょう。

トマトにねぇ

いくら肥料をやったってさ

メロンにはならねんだなあ

<今夜も読む時間をくれて本当にありがとうございます!>

 


Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
5062610334_eaefbbaf89_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...