• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

成功する人とソクラテス

Pocket
Share on LinkedIn

––知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

 


STEP1 学ぶことがすべてでは無い

 「今年も半年が過ぎようとしている。1年を無駄にしないためにも、もっと学ばなければならない」

何かを学ぶという意欲は人生にとってとても大事だ。

しかし、学びには大きな弱点がある.

その弱点が「何を学ぶのか?」という重大決定事項だ。

そもそも、「何でも良いから学ぶ!」と言う人に限って、大きな事は成せない。

かつて、ソフトバンクの孫さんは、どのような事業で起業するのか?という決定に多くの時間をかけた。

それと、同様に僕らは何を学ぶのか?に多くの時間をかけなければならない。

<続く>


 


STEP2 何を学ぶのかを「気づく」作業

 僕らの学びとは「何が知らない」のかを気づき、その「知らないこと」を学ぶ

①気づき→②学ぶ

この気づきと学びのコンボが必要である。

しかし、多くの人は、既に知っていることから学びを選んでいる。

これは「言葉遊び」ではなく、紛れもなく「事実」である。

つまり、お金持ちになりたいと思っても、自分の知っている範囲で深掘りするだけだから、大きな変化は生まれない。

大切なのは「何を知らないのか?を知ること」である。

かつてソクラテスは「無知の知」という言葉を残した。

何を知らないのかを知ろうとしたとき、僕らの目の前に扉は開けるのである。

Ekusia  ※著者のFBアカウントです。ご質問やご要望などコチラからお問い合わせください。

<<もう読みましたか?成功する人の考え方>>

side280px_banner2
人間は何かのきっかけで変わることができる!
<<成功する人の考え方絶賛発売中>> 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...