• 思考
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

垣根は誰かが作るのではなくキミが作っている

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう ––

 17099480262_c6b453fd70_z


STEP1 素直なココロを持つ

 成功する人にとってもっとも大切なのは『素直な心』だと言われる。

素直な心の代名詞と言えば『松下幸之助』と言われているが

彼はこのような言葉を残している。

『素直な心とは、寛容にして私心なき心、広く人の教えを受ける心、分を楽しむ心であります。また、静にして動、動にして静の働きのある心、真理に通ずる心であります』

素直な心を持つとどんな事でも素直に聞き入れ、目の前に起こる様々な現象もすべて学びとして得ることができる。

しかし素直な心がないと『誰かの責任にしたり、時代や境遇に愚痴を言ったりしてしまう』

以前、松下政経塾に合宿させて頂いたとき、宿泊の部屋には松下幸之助直筆の『素直』という書がかけられてあった。

やはり成功する人にとって素直な心が大切なのだろうか? 


11380519713_bab05f315e_z


STEP2 自分が造り出す垣根

 僕らは年齢を重ねるごとに素直な心を失い、不思議な問題の垣根が生まれてくる。

こどもの頃は『どんな事でもできる』と感じていたのに。

年齢を重ねるたびに色んな経験を得る。

成績で負けたり

ケンカで負けたり

クラブ活動で負けたり

そして『どうせやっても成功しない』という挫折を感じる。

その挫折は次第に素直な心へ浸食し『頑固な心』が生まれはじめる。

僕はこうなんだ。

こうあるべきだ。

そんなのは興味がない。

そんな頑固の心は必ず『社会が垣根を作っている』と考えている。

誰かと仲良くなれないのも

新しい事が成功しないのも

今の苦しい問題があるのも

すべて『社会や誰かの垣根が原因だと考える』

僕は色んな人と話をして思うことがある。

それは『ほとんどの垣根は自分が生み出している』という事である。

新しい事に挑戦できないのも『自分の失敗体験』が垣根を生み出すし、

誰かと親しくなれないのも『相手が来ることを待っていて自分から関係を作らない』

すべての垣根は『自分が作り出す幻想だ』

だから僕は思う。

何歳になっても子供のように素直で純粋に生きて、垣根を作らない人間になりたい。

 

アリストテレス
垣根は相手が作っているのではなく、自分がつくっている。

Author Ekusia Rufino

<<今日も読んでいただいてありがとうございます。>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
17099480262_c6b453fd70_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...