• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

真実はひとりの時に発揮される

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう ––

 7600663676_04580899fd_z


STEP1 どの舞台を意識するのか

 こどもの頃にひょうきんな子がよく言われるのは

『大きくなったらコメディアンになりなさい』や

大阪だったら『大人になったら吉本入り〜』という言葉らしい。

しかし、その少年が真に受けて『お笑い芸人を目指したとしても成功するとは限らない』

 

友人や家族、そう関係者の中で人気があると言うことも大事だが、もっと大切なのは意識するステージだ。

僕らは活躍する舞台の大きさによって成果は大きく変わる。

しかし、多くの人達は『その世界を意識せず怠惰に生きてしまうことがある』

僕は先輩経営者からこんなことを言われた事がある。

『成功の有無はひとりの時間の使い方で決まるんだよ。キミが社会で活躍したいと思うのは勝手さ。しかし本気で成功を目指すなら、まず世界と契約しなければならない』

世界と契約する?

それは一体どのような事なんだろうか?


 7681776364_0ee1062202_z 


STEP2 世界を意識するいのちのはたらき

 経営者は僕に教えてくれた。

『多くの人は目の前の人達だけと契約をする』

目の前にいる人だけと契約するのは誰にでもできる。

例えば上司が見てる間だけ仕事をしたり真面目にしたり。

それらの契約のほとんどは見られている時だけ有効だ。

そうすると見えないときにサボってしまう。

体操選手は目の前のメダルや審査員だけを意識しているわけではない。来てくれた観客にも感動を与えたいと思っているし、まだ来たこともない観客も自分の演技で魅了したいと思っている。

そうするとひとりの時にチカラが生まれてくる。

『世界や社会と契約するということは、その世界から求められる人間になる』ということである。

その先輩は最後にこう言った。

『時間があったら近くを散歩しておいでよ。そしてすれ違う人すべてに』

『僕がもっと皆さんを幸せにします』って心の中で言うんだ。

キミがどの舞台で活躍したいかは分からない。しかし舞台の大きさによって人間の努力は変わるんだ。

僕らの時間は限られているからね。

多くの成功する人は失敗している人よりも契約している規模が大きいんだよ。

ほとんどの成功する人はキミが見ていないところで努力しているよ

目の前の人間だけを相手にする人は、誰も見ていないときに怠惰になり

世界と契約する者は、誰も見てないときにこそ、更なる努力をする。

Author Ekusia Rufino
※著者のFBアカウントが出来ました。記事のあとがきや取材先。本の書評などを書こうと思っています。
※数に制限があるようですがご自由にお友達申請してください。

<<今日も読んでいただいてありがとうございます。>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
7600663676_04580899fd_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...