• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

意地は大事なときに取っておく

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

 14298599233_4e156af1ea_z


STEP1 許す強さ

  生きていると「絶対にゆるせない」なんていう体験は誰にでもある。

学校や職場でもそうだ。

自分のプライドを傷つけられたり、馬鹿にされたり

何度考えても許せないことだってある。

でも、僕はどんなに許せない事由があったとしても

許す人間は強いと思っている。

許すということは誰にでもできることではない。

これを許せば僕は僕でなくなる。

その自分である尊厳、意地を張ることはとても大事だ。

だけど、意地は何度でも張れるものではない。


   3513098926_075f277b35_z


STEP2 大きい意地

 生きている中で意地を張り続けれることはきっとできないだろう。

つまり、人生のあいだで本気で張れる意地は1回か2回くらいなのだ。

その意地をどこで張るのか。

僕はそこに人生の中身が変わってくると思う。

仮にどこかの若者が自分を馬鹿にし、ケンカになりそうになったとき、

キミはどんな意地を張るだろうか。

笑って見過ごすのか、

それとも意地を張ってケンカするのか。

とても小さな話だが、つまらぬ意地で人は命まで失うこともある。

僕らには大きな意地を張る場面が未来に必ず訪れる。

それを考えると小さな意地など笑って許せる人間であるべきだ。

つまらぬ意地など捨てて、未来に必ずくる大きな場面で意地を張る。

そんな生き方はきっとキミの未来を変えるのだ。

Author Ekusia Rufino

※著者のFBアカウントが出来ました。記事のあとがきや取材先。本の書評などを書こうと思っています。
※数に制限があるようですがご自由にお友達申請してください。

<<今日も読んでいただいてありがとうございます。>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
14298599233_4e156af1ea_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...