• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

仕事への心構え

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

 Yakushiji_Nara03s3s4350


STEP1 仕事への心構え

 お正月も後半になり、明日から仕事という人もいるだろう。

今年はどれくらいの目標を目指そう。

これくらいの売上げは達成したい

と多くの人は考えているが、僕は仕事を目標としたとき必ず思い出す文章がある。

それは奈良、法隆寺の宮大工で最後の宮大工棟梁と呼ばれる西岡常一さんの言葉だ。

「普通の大工と宮大工どこが違うと言われましたらな、普通の大工さんは坪なんぼで請け負うて、なんぼもうけてと考えるやろ。わたしらは堂や塔を建てるのが仕事ですがな。仕事とは「仕える事」と書くんですわな。塔を建てることに仕えたてまつるということです。もうけとは違います。そんなけの違いです。そやから心に欲があってはならんのです。彫刻する人が仏さん彫るとき、一刀三礼といいますわな。わたしたちは「一打三礼」ですな。「千年もってくれ、千年もってくれ」と打つわけですわ」

出典:「木に学べ」小学館


Yakushiji_Nara22n4592 


STEP2 誇りと同時に

 利益とは贅沢や成功の証ではない。

利益とは未来をつなぐために必要なコストであり、

それ以上でもそれ以下でもないのだ。

しかし、仕事に対する考え方は少し違う。

目の前の仕事は何のためにしているのか?

別に宮大工のような仕事でなくてもいい。

お弁当をつくるなら、ただお弁当を作るだけではなく

「家族で召し上がってくれるなら、家族団らんが一段と深まり、幸せな時間になればいいな」

という考えで取り組むべきだし、

物を売るにしても、売った先の物語をしっかり意識した上で提供する。

そこに仕事への心構えがあり、社会にとって無くてはならない存在感が生まれる。

そこに成功する要因が隠れているのではないかと思う。

 Author Ekusia  

※著者のFBアカウントです。是非ご登録ください。

成功する人の考え方の本が発売!

出版が年始のため、Amazonが一時的に在庫不足になる可能性があります。
発売日にご希望の方はお早めにご予約してください!

 

<<今日も読んでいただいてありがとうございます。>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
Yakushiji_Nara03s3s4350

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...