• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

成功する人が教えない継続の秘訣

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

 

6367544307_bcb5cb85fc_z

【お知らせ】

「成功する人の考え方」は現在、Amazonで売り切れ中です。
大変ご迷惑をお掛けしております。


STEP1 継続という壁

 禁煙や禁酒、トレーニングや早起きなど、僕らは新しいことを始めるときに必ず決意をする。

「よし、明日から毎日がんばるぞ!」

しかし、その決意とは裏腹に、継続できない場合は多い。

ある先輩は僕にこんなことを教えてくれた。

「人間はカラダが大人だと言っても、精神的に大人になっているとは限らない。」

「では、どこで大人の判断をするのか?それは継続力で見るべきだと僕は考えている。他人の決めたことを継続する必要はない。しかし自分の決めたことを継続できないのは、子供の頃の習慣が大きく影響している」

継続できない理由として、他人から言われた目標と自分が決めた目標を混同するからとも言われている。

例えば両親から「毎日1時間勉強しなさい」と言われても、自分で決めた訳ではない。

そんな場合は極端に継続率が下がってしまう。

つまり継続できないとき、「今回の決意は自分が決めたのだろうか?」ということを考えなければならない。


5635149627_37e2d4dcaa_z 


STEP2 記録を残す

 先述の通り、成功する人は必ず自分が決めた決意なのか?を自問する。

そして記録の魔法を決意に盛り込む。

僕らはスポーツだけに限らず、記録が大好きだ。新記録と言われると、どこか誇らしい気持ちになるし、

ギネスに掲載されたというと、「すごい!」と思ってしまう。

つまり、継続している人は必ずレコードを保持しているということだ。

1年我慢してきたのに今、その決意から逃げるのか?

そう考えると、続ける勇気が生まれる。

逆に継続できない人は記録を保持しない。

レコードを保持しない人間は諦めることに抵抗はすくない。

最後の砦が低いのだ。

だから成功する人は必ず記録を意識する。

自分の継続するチカラを記録として確認出来れば、必ず継続率は上がるのだ。

Ekusia  ※著者のFBアカウントです。ご質問やご要望などコチラからお問い合わせください。

<<もう読みましたか?成功する人の考え方>>

side280px_banner2
人間は何かのきっかけで変わることができる!
<<成功する人の考え方絶賛発売中>> 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
6367544307_bcb5cb85fc_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...