• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

成功する人は履歴書を見ない

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

 17277706416_e51ef3a824_z


STEP1 履歴書に書けること

 僕らは子供の頃から色んな経験をして大きくなってくる。

いたずらもすれば、喧嘩もするし、虐められた経験だってある。

そんなぼくらの経験を履歴書1枚に書くことは難しいよね。

 今から9年ほど前、僕が経営する語学スクールに1枚の履歴書が届いた。

僕らの事業では英語は必須科目なのだが、彼のTOEICのスコアは980点

ほぼ満点だ。

そんなすごい人なら是非!と思い面接に挑んだのだが・・・・

彼は極度の人見知りで、英語は知っているけど、他人と話すことは苦手。

ほぼコミュニケーションできず、その面接は終わった。

ある面接ではこんなことがあった。

彼の履歴書上の経歴は「最終学歴小学校卒業」だった。

中学2年の途中でアメリカに渡ることで日本の卒業資格を失い、

アメリカの高校に進学するも、中退した為、卒業資格は小学校のみ。

ただ、せっかく面接に来て頂いたので会ってみよう!と面接してみると

とても人当たりが良い。

また特技は何ですか?と聞くと、彼は英語と答えず、「形態模写」という。

なんと面白いのだろう。

僕は彼の形態模写(モノマネ)を面接で披露してもらった。


 4478072097_a84832c26f_z


STEP2 履歴書を越える魅力

 グローバルな社会において、履歴書の必要性は身元確認レベルに下がってくるのでは無いかと思う。

確かに決められた学習をやり続けて「高学歴」という結果を出すことはとても難しい。

でも、その成功体験よりも大きな経験を僕らは経験している。

誰かを思いやる気持ちがある。

相手の立場になって考えることができる。

能動的に取り組むことができる。

これらは履歴書で表すことができない大切な要素だ。

また外国人と接する上で、彼らは学歴などをまったく気にしていない。

仮に東大であったとしても、「すごく頭がいいんんですね」で話は終わってしまう。

また成功する人の会社で働くスタッフを見ても特殊な経歴の人が多い。

若い頃暴走族だった人から、学校も行かずに引きこもりでITリテラシーを高めた人まで

様々な魅力ある人間が溢れている。

人間には学歴以外にも沢山の武器がある。

それを知れば、もっと人間が好きになるし、可能性が広がるのかもしれない。

はじめに話した最終学歴小卒のモノマネ君。

今では我が社の幹部なのだから。

 

Ekusia  ※著者のFBアカウントです。ご質問やご要望などコチラからお問い合わせください。

<<もう読みましたか?成功する人の考え方>>

side280px_banner2
人間は何かのきっかけで変わることができる!
<<成功する人の考え方絶賛発売中>> 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
4478072097_a84832c26f_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...