• 物語
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

情動は本当の自分ではない

Pocket
Share on LinkedIn

 <For great choices in life> 
人生の偉大な選択肢を

13923553871_359f822ecd_z


STEP1  仕返しをしない

 人間とは不思議なもので『誰かに気分を害されたとき』や『恩を仇で返されたとき』

『思い知らせてやりたい』という仕返しの心を持ちます。

また『心で思うだけ』の人も入れば『実際に仕返しの行動』に出る人もおり、ドラマや映画でのその描写を表現することは少なくありません。

人間の心はとても不思議です。

私たちは誰かが苦しんでいるのを見ると『可哀想だと』思いますし

何か困っている人を見れば『助けたい』という優しい心になる。

しかし自分を苦しめたり誰かを不幸にしたとき突然、悪の感情がわき上がり『仕返し』をしたいと思う気持ちになる。

実はこれらの感情は『心のすっきり感』を求めているだけであり

『仕返し』にはほとんどの場合、個人のメリットはありません。

そして不思議にも『成功する人』は『仕返し』をやりません


2573001237_81219a802b_z


STEP2 一時的な欲求に惑わされない

 一時的な感情を一般的に『情動』と言います。

情動は怒り、恐れ、喜び、悲しみ、欲求など人間が生きていく上で必要な感情です。

しかし成功する人はこれらの情動に惑わされません。

例えば誰かに裏切られたとき『情動』に任せて『相手を攻撃』したいという欲求が高まります。

そして一時的なスッキリを求め『怒りに身を任せて』相手を責め立てます。

そして時間の経過と共に『その怒り』は収まり、『後悔の念が溢れてきます』

ある成功する人に聞きました。

『感情で叱る事はないのですか?』

すると彼はこう教えてくれました。

『感情で叱って何か得したことがありますか?僕はない。だから感情で叱ってはいけない』

そう考えると感情で叱る場合は建設的な考えを持っていません。

反省させるや懲らしめるなどの理由を建前にして『傷つける』ことを目的として考えます。

わたしの手元にあるデータでは『こどもが反抗するとき必ず親が感情的に叱っている』という物があります。

こどもが親から叱られるとき、『愛されているから叱られていると感じるときは涙が溢れます』

しかし『親が感情的に叱ったと感じた場合』は涙ではなく反抗が出るというのです。

私たちは誰かの親に必ずなりますし、年齢を重ねるごとに誰かの上席にもなります。

心は熱く、そしてクールで冷静な生き方を目指したいですね。

<今夜も読む時間をくれて本当にありがとうございます!>

 


Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...