• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

不運によって負けることはない

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう ––

 

4593523105_3d4ee52af0_z


STEP1 運

 人間の運というのは本当に面白い。

ビジネスやギャンブルにおいて運によって勝つというのはよくある。

アイデアや人脈、タイミングに至るまで、運というのはキミの人生を大きく左右する。

ここだけの話だが、1回、2回の勝負なら、努力が無くても勝っている人はいる。

もちろん運だけで成功する人はいない。

それほどまでに運というものは未来に影響するのだ。

では失敗はどうだろう?

不運によって失敗することはあるのだろうか。

様々な成功する人見て言えるのは

運によって勝つ場合があるが、不運によって負けることはない。

負けるときはいつも自分に問題があるのだ。


   4060622925_f0447d36ca_z


STEP2 負けるときの理由

 運とは基本的に、努力している者がつかむ物である。

何かに行動した結果、予想もない効果をもたらしたり、

悩みに悩んだからこそ、新しいアイデアと偶然であった。

それらは幸運は必ず人間の努力の先にある。

しかし、人間は負けたときに運が無かったなどでごまかす場合がある。

例えばリーマンショックで会社の経営が悪くなり、リストラをしなければならない。

これを運が悪いから仕方ないなどと「成功する人は思わない」

業種業態は違えど、どんな不況であっても業績を伸ばし、雇用を守る人間は多くいる。

僕の好きな京セラの稲盛和夫名誉会長はオイルショックの時に、仕事が無いから

花壇づくりや工場の掃除をして、雇用を守ったという。

どんな外的要因があろうとも、それに負けるのは自分である。

常に節約をし、傲慢にならず、何かあっても守れる状態をしているものに

不運などは訪れない。

僕はそのような気持ちで明日も生きるべきだと思う。

Author Ekusia Rufino

※著者のFBアカウントが出来ました。記事のあとがきや取材先。本の書評などを書こうと思っています。
※数に制限があるようですがご自由にお友達申請してください。

<<今日も読んでいただいてありがとうございます。>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
4593523105_3d4ee52af0_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...