• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

いのちを繋いでいく幸せ

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

3878053449_59c9eca40d_z


STEP1 文字を書くことは

 今日は文化の日ですね。祭日なので今日は自分のことを書いてみたいと思います。

 僕はこのコラムをおおよそ8ヶ月の間、毎日書いています。

 文字を書き始めてみると、自分でも気がつかなかった部分を見つめる事ができます。

例えば、事業だけやってると、業績の低下や悲しいことがあると、悩みしかありません。

でも、文字を書いていると、その感性で書くことができるので、いつもとは違った書き方が

できたり、見え方が出来たりして、自分の心の変化がよくわかるのです。

 僕は今年の2月に5日間の意識不明の事故をして、生死を彷徨ったんですけど、その時から

ある種の世界の見え方が変わりました。

平均寿命80歳は時間にして約70万時間で、この限られた時間の中でどのように生きるかが

問われています。でも僕は10ヶ月前くらいに、命が無くなってたかもしれない。

安心して残り何時間あるとか言っていると、いきなりゼロになるかもしれにと思ったのです。

そう考えると、毎日会う人は、この世で最後かもしれない。

 今の時間が貴重で、大切で、すべてのことを出来ないかもわからないけど、

今求められていることに全力で取り組もう。鏡で自分の顔を見る度に、一生消えること無い

傷を見て、誰かの評価ではなく、自分のやらなければならないことに70万時間を使おう。

そう思うようになると、目の前の景色が何かクッキリ見えるようになってきたのです。


   14485145750_a9b75656f5_z


STEP2 消費する時間

 命が無限にあるのであれば、地位や名誉、財産が成功の証かもしれません。

でも、この世で集めた物を死後に持ち込めた者など、この世にひとりもいません。

だったら何を成功というのか。

僕は何かをこの世から持って行くことよりも、この世に残すことが大事に思っています。

僕らが生きているこの世界は必ず、僕らよりも先の人たちが作った世界です。

その世界の中で僕らは恋をし、子を産み、育て、生きています。

僕らに残された世界は当たり前ではなくて、誰かが作ってくれたのです。

では、次の世代は誰に作って貰うのでしょうか。

きっと今生きている僕らです。

自分の限られた70万時間を使って何を次の世代に残していくのか。

事業で成功することも、サラリーマンで出世することも

すべてそこに向かうためのプロセスであればきっと僕らは成功する人生を

生きれるのでは無いかと思っています。

僕も毎日のこのコラムを自分の限られた70万時間を使って書いています。

もしこのコラムで誰かが幸せになって、それが繋がるのであれば、それは

僕の成功なのかもしれません。

Author Ekusia Rufino

※著者のFBアカウントが出来ました。記事のあとがきや取材先。本の書評などを書こうと思っています。
※数に制限があるようですがご自由にお友達申請してください。

<<今日も読んでいただいてありがとうございます。>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
3878053449_59c9eca40d_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...