• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

「結局何が言いたいの?」あなたの成功を妨げる会話の罠 その②

Pocket
Share on LinkedIn

–– 今日の学びと行動が誰かの幸せになりキミの成功につながる ––

2724697868_ca19fd5e7a_z

言葉はあなたの体から生まれる物です。

その為、言葉で未来が決定されるとも言われます。
「言霊」や「言葉は血となり骨となる」と同様に言葉は
成功の要因を決める重要なスキルです。

今回からは成功する人として大切な言葉磨きを学んでいきます。


言葉を磨く④ いつも準備が出来ていますか?

 「ちょっとキミ。今回の懇親会で挨拶頼めない?」

人生は常に本番なのに、準備が整わずに失敗。こんな経験ありませんか?

短い時間であなたの伝えたい事を、準備もなく、突然伝える。
これは簡単な事ではありません

なぜ簡単ではないのに「できる人」「できない人」が居るのだろう。

それは準備の差です。成功する人は自分の伝えたいこと。伝えなければならない事が
常に準備されています。

例えば「会社の懇親会のスピーチを依頼された時」
失敗する人は必ず「自分の言いたい事か良い話をしようと考えいます。」

でも成功する人は「全体の目的をしっかり考えます。」

そう大切なのは日頃の準備よりも、常にすべての目的を意識する準備をしているか?です。

例えば会社の送別会で退職される人へのコメントを依頼された場合。

一番ダメなのは「○○さん。今までありがとうございました。○○さんとの思い出は○○で」

と相手の思い出話だけするスピーチです。

もちろん○○さんとの思い出も大事ですが、全体の大きな目的を考えると、○○さんとの別れ
を乗り越える会社全体の幸福と目的の共有です。

だから○○さんとの思い出も語りながら、今いる仲間が幸福になるスピーチが重要なのです。
そしてそのスピーチをする為には組織の目的を理解していないと語れません。

だからスピーチが出来る事は仕事が出来る事にも繋がるのです。


5279004483_fbcdccd332_z


言葉を磨く⑤ 誰が誰に向かって何を話すのか。(それもシンプルに)

キミが言いたい事はわかるけど、大切なのは「相手が聞きたい事」であるかどうか。

つまり言いたい事を話す前に、相手が何を欲しがっているのかも知っている必要があります。

そして次の事を頭の中で考えてください。

①相手のことをどれだけ知っていますか?
②自分の話題に相手がどれほどの知識がありますか?
③初対面?それとも取引先?相手はあなたをどう見ていますか?
④相手が重要だと考えるトピックは何?
⑤相手の望みは?
⑥自分が話す時間はどれくらいあるのか?

思いついた事をそのままペラペラ話をしても上手くいきません。

誰が誰に話すのか?これを考える例えをひとつお届けしましょう。

※営業事務の社員が以下の事を言いました。
「登録作業に追われるので新客登録の書類をもう少し早く出してください。」

この場合、伝える側の目的に添えてないので、聞き手の注意を得ることができません。
そこで

「新客登録の書類をもう少し早く提出してください。皆さんの営業成績の登録も次月に回ってしまいます。」

と言い換えるのです。極端な例かもしれませんが、相手の目的にそって自分の伝えたい内容を伝えることが重要です。


記事の続きはいいねを押して頂く事で配信できます!

次回はプレゼンの構成編です。プレゼン構成の基本とは?

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...