• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

成功する人は刀を抜いたら絶対に負けない

Pocket
Share on LinkedIn

––知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

7000489608_6ee7f2603b_z 

STEP1 真剣勝負

 昔の侍は、ひとたび刀を抜くと死ぬか生きるかの道しか無かった。

つまりDEAD or ALIVEの状況だった。

竹刀で戦う模擬練習とは違う。

真剣は切られれば死ぬのだ。

「次頑張ります」そんな言葉がもし存在するなら、それは真剣勝負では無い。

もちろん命を賭けて勝負する事など、侍が刀を抜かないように何度もある物では無い。

しかし、ここぞと言うとき、

成功する人にはそんな勝負時がある!


8164313460_285ff4b3cd_z 


STEP2 勝ち負け

 松下幸之助翁は講話でこんな話をしている。

商売も時には儲かって、時には損をする。それを繰り返している内に成功するのだと考えるのは根本的に間違っている。

商売がうまくいかんのは、環境でも時勢でも、ましてや運でもない。すべてはその経営の進め方に当を得ないところがあるからだと考えなければならない。

勝敗は平家に常だが、真剣勝負しなければならない。

負けたら「死」

この覚悟こそ、不可能を可能にするのである。

Ekusia  ※著者のFBアカウントです。ご質問やご要望などコチラからお問い合わせください。

<<もう読みましたか?成功する人の考え方>>

side280px_banner2
人間は何かのきっかけで変わることができる!
<<成功する人の考え方絶賛発売中>> 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
7000489608_6ee7f2603b_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...