• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

成功する人はボールを手元に置かない!?

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

 20145386594_06a54fb1f2_z


STEP1 スピーディーな仕事をするなら

 僕の信頼できる先輩で毎日平均9名のアポイントをこなしながら仕事をしている人がいる。

それもすべて来客ではなく訪問だ。

キミも一度想像して欲しい。

9名の人達から受ける依頼をキミならこなせるだろうか?

僕は正直、今の仕事のやり方であれば回すことができない。

日が暮れるまで9名の案件を持ち帰ったまま、会社で処理するには難しいし

次の日の9名の仕事も抱えるにはキャパオーバーだ。

そんな先輩のスピーディーな処理能力に興味を持った僕は今日訪ねてみた。

「どうすれば、そんなにスピーディーな仕事ができるのですか?」

先輩の答えはシンプルだった。


 


STEP2 ボールは手元に置かない。

 仕事には必ずターンと言うものがある。

依頼されたときは自分のターンで処理する順番だし、

相手のターンになれば、こちらが待機する番となる。

その先輩は必ずその場で仕事をこなしていた。

つまり、その場で仕事を処理していたのだ。

「誰かを紹介して欲しい」

そう依頼される先輩は、会社に帰って依頼を行動するのではなく

その場で相手にアポイントや面談の予定を入れる。

その瞬間に自分の手元からボールは相手へと移行する。

部下に依頼する。取引先にお願いする。なんでも自分の特殊なこと以外はすべて

周りを活かすべく、その場で解決させる。

この方法であれば多くのアポイントをこなし、多くの仕事を前に進めることができるのだ。

僕も考えたいという理由で手離れの悪い仕事を持ち帰りがちだが、

改めてスピードとはターンに関係があるのだと感じた。

Ekusia  ※著者のFBアカウントです。ご質問やご要望などコチラからお問い合わせください。

<<もう読みましたか?成功する人の考え方>>

side280px_banner2
人間は何かのきっかけで変わることができる!
<<成功する人の考え方絶賛発売中>> 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...