• 物語
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

1秒で可能な決断 それは「諦めること」

Pocket
Share on LinkedIn

 
人生の偉大な選択肢を

5281157899_25721537be_z


STEP1  『したい人 10,000人 挑戦する人 100人 継続する人 1人 』

 私たちは生きている限り多く希望を持ちます。

しかし残念ながら多くの人は「それら希望を手に入れる」事ができません。

わたしの手元にはこんなデータがあります。

希望を持つ人が10,000人いても挑戦する人は1%の100人である。

しかし100人の挑戦者の内、継続できる人はなんと1人なのだ。

「成功する人」はこの0.01%の意思を持った人間であり、失敗との差はそれだけなのだ。

しかし多くの人はそれを実践できない。

「どちらの人間も頭をフル回転しているのには違いはない」

しかし失敗する人は「できない理由を見つけることに頭を使っている」

時間が無い。

お金がない。

体調がわるい。

時代がわるい。

運がない。

これらは「選択肢と言わない」

しかしこれを考えていると「解決策を考えて」いると思ってしまうのだ。

諦めるという選択肢に2つも3つも候補はない。

ただ「1秒で可能な決断」に逃げただけなのだ。


 388012741_9d01040e4d_z


STEP2 0.01%の選択をした人こそが未来を描く

 「出来ないという決断」への意思決定は「問題」ばかりを思考するだけで解決策を考えない場合が多い。

うまく行かない会社の会議も「このような事」が多くある。

会社の目標を決めて、みんなに意見を求めたとする。

するとスタッフはこう答える。

人が足りないから難しいのです。

今の仕事で手がいっぱいです。

値段が高いからお客様に営業が難しい

今の商品では喜ばれません。

これらはすべて「出来ない理由」だ。そして議論は深まる。

覚えておいて欲しい「出来ない議論を深めても、できない理由が明確になるだけ」

であり何も解決策を生まない。

0.01%の人間になる為には常に「どのようにすれば」という思考を忘れてはならない。

会議やミーティングもそうだ。

「どのようにすれば」という議論が深まれば「解決策は溢れ出す」

何故なら継続には無限の選択肢があるから。

もしあなたが何かの壁にぶち当たったときに考えて欲しい。

「1万分の1の成功する人」は継続する人の先にある。

<今夜も読む時間をくれて本当にありがとう!>

 


Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...