• 物語
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

大きな善は非情に見える

Pocket
Share on LinkedIn

    
人生の偉大な選択肢を

2698743188_5bc3f2a767_z


STEP1  叱られるという幸せ

 わたしの大好きな本に『後藤清一』さんの叱り叱られの記という本があります。

この本は松下幸之助翁に叱られたことへの『学び』と『喜び』を込めた内容であり

叱られたことをあれ程自慢している本は他にはないと思います。

後藤清一さんは三洋電機の副社長にまでなられますが、やはり幸之助さんに叱られたからでしょうか?

人は叱られるという事に拒否反応をおこします。

しかし叱られるということは『とても大事な』ことです。

なぜなら人間は『叱られること』によって注意し、大きな失敗を回避できるからです。

人は偉くなればなるほど『叱ってくれる人が少なくなって』いきます。

新入社員の時はほとんどの人が先輩であり、何か問題があれば『ガツン』と叱られます。

しかし少し立場が上がれば叱られる回数は格段に減ります。

主任、係長、課長、部長と進むに従い、『叱られる回数が減る』ということは

『誰も注意してくれない』ステージに進み、大きな失敗をする可能性がある。

そのことを意識しましょう。

そうすると『叱られること』がとても大事に思え、いつも叱ってくれる人を感謝するようになります。


 4628277817_d0ab67f499_z


STEP2 そして誰かの失敗を助ける人に

 叱られなくなったということは、助けられる人から助ける人へ変わったと言うことです。

そうすると次の言葉が重要になってきます。

大善は非情なり、小善は大悪なり

あなたが叱る立場になったとき、相手のことを助けてやろうと思わず

『後輩に嫌われたら嫌だ』といって優しく接したとしましょう。

きっと後輩は大きな失敗に見舞われ、その人にとって良い結果が生まれません。

これを小さな善は大きな悪と呼びます。

逆に相手の為を思い真剣に叱る姿は『非情な人』と思われるかもしれません。

しかし相手は必ずあなたの『心から叱る』行為で失敗を未然に防ぎ成功するでしょう。

これを大きな善は非情に似ていると言います。

松下幸之助翁はあまりにも真剣に叱るため、火鉢の箸を叩きすぎて曲げてしまうほどだと言います。

叱られる人から叱る人へ。

成功への連鎖は続くのです。

<今夜も読む時間をくれて本当にありがとうございます!>

 


Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...