• 物語
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

成長は劣等感から生まれる

Pocket
Share on LinkedIn

 <For great choices in life> 
人生の偉大な選択肢を

劣等感2


STEP1  劣等感

 僕はこどもの頃から色んな劣等感を持っていました。

例えば足の速い友人と出会ったとき『どうして僕は彼ほど早くないのだろう』と考えました。

成績の良い友人と会話すると『なぜ僕は彼に勝てないのだろう』と思っていました。

自分に足りないことばかり考えていて『ずっと悔しくて劣等感』のかたまりだったと思います。

そしてある言葉と出会います。

『足りないとろこばかりを見るのではないよ。満たされたところを見るのだよ』

その言葉を信じて『自分の満たされている』ところを探しました。

確かに『満たされている』部分だと自分が優位や頂点に立てるのでとても楽なんです。

決定的に負けていないから『劣等感』もありません。

クラブ活動で負けるからクラブを去り、勉強で負けるからと学校を不真面目に出る。

そうすると残ってくるのは『不良仲間』となります。

『彼も学校に行ってないのだから、俺も行かないでも大丈夫』

そしてある程度の年齢になって気がつきます。

『自分の満たされている仲間だけだと成長しないのではないのか?』

 その時は既に高校を辞めた17歳の春でした。 


劣等感


STEP2 自分より凄い人に出会うこと

 誰もが素晴らしいところを持っていますし、それを活かすことはとても重要です。

でも、もっと大切な事は『劣等感があるほどの仲間』と出会うことです。

誰でも『悔しい』と感じることに幸せは感じません。

だから自分が勝っているという人との出会いを求めます。

初めは学んでいるつもりでも、時間の経過と共に『学びでは無く教えること』に快感を覚え楽になります。

そうなってくると『劣等感』は無くなりますが、『渇いた意欲は生まれてきません。

大事な事は『劣等感』がある時こそ、あなたは成長しているということです。

今の仲間に満足しているのであれば、是非あなたの目指す先に繋がる『劣等感』を覚える仲間と出会うことをオススメします。

僕は東大法学部の大学院でスピーチしますが元々は高校中退の落ちこぼれです。

学歴なんて関係ない。

僕は17歳のとき『溶接工』からスタートしたけれども、海外を行き来しながら会社経営をし

世界中の仲間に劣等感を抱きながら、毎日刺激ある人生を送っています。

『劣等感』それはあなたの現在地を記してくれる感情。

『劣等感』はあなたのやる気を生み出し、そして更なる飛躍への道しるべ

<今夜も読む時間をくれて本当にありがとうございます!>

 


Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...