• 物語
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

忙しい人ほど悩みはすくない

Pocket
Share on LinkedIn

 <For great choices in life> 
人生の偉大な選択肢を

15047274486_70dda7a607_z


STEP1  悩みについて

忙しい人ほど悩みはすくない。それは悩むための時間がすくないから

 今夜は悩みについて考えてみたいと思います。

と言うのも僕は『悩みについて相談』される事が多いんです。

特に僕が解決策を持っていたり、誰かに示唆したりすることはないんですが

それでも『どう思います?』なんて聞かれることがあります。

誰もが持つ悩みですが、『成功する人は』悩んだりするのでしょうか?

と思いまして『ある経営者の方』に聞いてみました。

『いつも悩みがなさそうなんですが?悩んだりするのですか?』

すると彼は言いました。

『もちろん悩みはあるよ。でも忙しいから悩んでる時間がないんだ』

そういえば僕も忙しくしている時ほど『悩みはなく』

『やる事がなかったり、暇にしているときほど』悩んでしまいます。

人間は誰しも悩みはつきものですが、それを乗り越えるには『忙しい状態』にならなければいけない。

そして『忙しい状態』は『行動によって』作られているんだと感じました。


8079735272_267fab5110_z


STEP2 頭は不思議

 人間は『どうしようもなく悩んでいるとき』にある思考をするようです。

それは『起きてない現実までイメージして恐れてしまう』という行為です。

これを『マイナス想像』と僕は言っているのですがほとんどの悩みは『このマイナス想像』から発展して心を傷つけます。

例えば営業マンが『営業先で断られたらどうしよう』と悩んだり

結婚式のスピーチで 『うまく話せなかったらどうしよう』など考えます。

学校のテストでもそうです。

『テストで○○さんより低い点数だったらどうしよう』と考えたりしますよね。

そして次の思考です。

『成功する人』の多くは『テストの点数が悪い→勉強しよう』と解決策を考えて行動します。

しかし『マイナス想像』がある人は『○○さんに嫌みを言われる想像』をします。

すると次の思考が生まれます。『先生が○○さんと比べて、わたしへの期待がなくなる』

すると次の思考が『クラス全員にわたしの負けが知れ渡る』

『きっとパパはがっかりする』『塾の先生も叱るかもしれない』そんな事を考えながら苦しみます。

想像というのはある種『癖』があります。

この癖は『経験した痛みを優先的に想像してしまう』という『癖』です。

僕たちは痛いことや苦しい事が嫌いで『なるべく回避』しようと心がけます。

そして『それが現実にならないように事前に想像』して対策と心構えをします。

つまり悩むことは生きるために必要なプロセスなのですね。

でも『成功する人』はすこし違ってて『自分の都合の良い未来』を想像します。

危険を回避する事よりも『褒められたりしてる』想像をして、そうなるための対策を考えたりするんです。不思議ですよね。

人生は『ネガティブな想像よりも都合の良い現実』を考えている方が成功するようです。

そのキーワードは『行動』 明日から僕も行動を積極的にしていきたいと思います。

<今夜も読む時間をくれて本当にありがとうございます!>

 


Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...