• 物語
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

頭でっかちだと失敗する

Pocket
Share on LinkedIn

 <For great choices in life> 
人生の偉大な選択肢を

12803236075_be83f9360d_z


STEP1  価値と知識のミスマッチ

 僕が読む本のジャンルはとてもひろくって

書店に行けば興味がある本は持てないほど買う習慣があります。

雑誌などは特に買わないんですけど、『新連載!』なんて見出しがついていると

読みたくなってしまいます。

それは『面白そう!』という興味ではなくて

『この作者がどのような想いで作画を世に出そうとしているのか?』という感覚を感じ取りたいからです。

週刊連載という雑誌では『新連載』が始まると同時に『打ち切られた作品』もありますから『その作者』のキモチを考えて読んでみることはとても人生の参考になるんです。

このような事例はビジネスの場においても同じです。

新しいものに挑戦する時の『成功する人』は『価値と知識』を理解しています。

例えば地方の商店街を想像してみてください。

その商店街には昔からの呉服屋があり、大もうけはできないけれど地域の人たちにも認知してもらい生活しています。

つまり地域の人たちには必要最低限の『ニーズ』があるのですね。

しかし東京から大学を卒業した息子が帰ってきます。

息子は色々知っていて『経営学やら経済学』を親父に説明します。

『こんなところで呉服やってても時代遅れだよ。この社会に呉服着てる人間がどれだけいる?』

今の流行はコレだから変えるべきだ!なんて言います。

親父も息子がかわいいから『そしたらお前がやってみなさい』

と言って『見事にお店が倒産するんですね』

こんな現象を僕は『価値と知識』と言っています。


63522221_8b135b6cbd_z


STEP2 売ることを考えて要望を見失った

 商売でも恋愛でも雑誌でも『自分と相手』があって成立している。

この互いの価値を高めた時にときに初めて成立するのですがほとんどの人は

雑誌を売りたい!人気が欲しい!モテたい!洋服を売りたい!

これらはすべてこちら側の感覚や知識で進めようとします。

商店街に最先端のニーズは求められてないんですね。

でも知識が先行しちゃうとお客様の求めている価値がわからない。

そんなミスマッチが起こるときに失敗が生まれると思うのです。

僕らは色んな勉強をして知識を沢山身につけます。

でも頭でっかちになってはいけませんね。

新連載の作品もそんな編集さんや作者の考えを読みながら読んでみて下さい。

きっと参考になると思いますよ!

<今夜も読む時間をくれて本当にありがとうございます!>

 


Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
63522221_8b135b6cbd_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...