• 物語
  • この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

成功する人は知っている「無知の知」という最強の知恵

Pocket
Share on LinkedIn

ソクラテス2

成功者は知っている「無知の知」という最強の知恵

今では大賢人と称えられるソクラテスも生まれは石工の息子でした。

ある日、興味深い噂が流れてきました。友人がデルフォイの神殿でお告げを聞いたといい
そのお告げは「ギリシャでソクラテス以上の物知りはいない」

と言う内容だったのです。

ソクラテスは「僕はまだ何も知らない。」と驚き、
当時の賢者たちに質問して回りました。しかし賢者たちから答えはでません。
そして感じました。

「この賢者たちは物知りのふりをしているだけで、実は何も知らないのではないか。」

つまり自分が知らないと自覚していない者は、学びの機会を失い、
謙虚に知らないと認めたものは学びの機会を常に得ることができるのではないか。

そうしてソクラテスは自らがまだ何も知らないという「謙虚な心」を大切に生きてきました。

成功者たちは自分の知恵を見せびらかせるのではなく、知らないことを知らないと認め、
さらに自分の知識を磨くといいます。

《60秒の時間を投資してくれてありがとう!》

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
ソクラテス2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...