• 思考
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

問題ないことが不自然である理由

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう ––

 388085279_127c2847a9_z


STEP1 僕らの人生の旅には問題が起こる

 僕らは成功という人生の目的地に向かって歩く旅人のようだ。

目的地に向かってこどもの頃からコツコツと小さな歩みを積み重ねている。

しかし旅はそんなに甘くない。

突然の事故や不幸。

会社の倒産やリストラ。

事業の失敗や挫折。

僕らの人生という旅は簡単ではない。

なぜなら多くの問題があるから。

そして思う。

『問題はいらない』

『問題はいらない』

『問題はいらない』

そんなときキミは砂漠の中にある『オアシス』を見つける。

オアシスの住民はキミに語りかける。

『ここはオアシス!ここには一切の問題がない!安全地帯ってやつだ』

僕らは選択を迫られる。

①オアシスで問題のない生活をおくるのか。

②更なる問題があろうとも目的地を目指すのか。

キミならどちらを選ぶだろうか?

 


388084367_819d83d9da_z


STEP2 失敗する人が知らない問題という真実

 選択肢で『オアシスに住む』なんていう人はいないだろうけど

人生という旅であれば『問題のない生活を望む』人の方が多い。

しかしある有名なメンターは僕にこう言った。

メンター
『人間は生きている以上必ず問題と出会う。しかし問題に対する考え方は成功する人と失敗する人では大きく違ってくる』

著者
『問題に対する考え方・・・・どのように違うのでしょうか?』

メンター
『まずはじめに、失敗する人のほとんどは問題がないほうが良いと思っている。そして問題がないときに安心感を持つ。なぜなら安全地帯だからね』

『しかし成功する人は違う。彼らは問題があって当然と思っているんだ。そして常に問題と向き合っているから、そこから逃げだそうとしないし、安全地帯にとどまる事さえ考えない』

著者
『成功する人は問題を当然と思い、失敗する人は問題はトラブルであって回避したいと思うのですね』

メンター
『そのとおり。挑戦する人には必ず問題が起こるものさ。例えば会社を経営する人で問題がない時など実はないのだよ。売り上げが良くても人事で悩んだり、会社の雰囲気は良くても競合他社が生まれてきたりして存亡の危機となったりする。』

『問題とは新しい事に挑戦する人』に対して与えられる壁さ。この壁の先に成功があって、挑戦したからこそ壁が生まれるんだ。だから問題がないと言うことは壁がないと言うこと』

『僕らは安全地帯にとどまらず、更なる壁の向こうを目指すべきさ、もちろん問題はあるけれどそれは挑戦者としての証なんだよ』

キミが今、問題に直面してるのであれば『何かに挑戦している』証拠かのかもしれない。

Author Ekusia Rufino

<<今日も読んでいただいてありがとうございます。>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
388085279_127c2847a9_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...