• 仕事
  • この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

成功する人は余命を信じない

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう –– 

 2960993336_120ee33b26_z


STEP1 余命宣告

 春のこの時期、僕は父との会話を思い出す。

父はある時、視力の違和感を覚えて眼科に行った。

視野に不自然な死角があったのだ。

検査を終えて医者は緊急に「脳の検査」を進めた。

そして脳腫瘍が見つかる。肺ガンからの転移だった。

余命は長くて半年。

家族は突然の余命宣告に信じることが出来なかった。

何故なら、見た目は元気だからだ。

余命宣告を受けた父は夏に亡くなった。

たった4ヶ月だった。


 3105945867_9581549519_z


STEP2 人生の物語はエンディングまであるわけじゃない。

 平均寿命などと言われると、自分の人生は80くらいまであるような気がする。

しかし、僕の父は平均寿命よりも遙かに短い人生だった。

ある本でこんな物語があった。

それは1年の余命宣告を受けた人が寿命を全うしようとする物語だ。

1ヶ月経過すると、余命は11ヶ月になる。

もう1ヶ月経過すると余命は10ヶ月とさらに減る。

そして3ヶ月目。主人公は犯罪に巻き込まれて死んでしまう。

人は1年の余命宣告を受けると、「なんて短いのだ」と嘆くだろう。

それと同時に別の感情を抱く。

それは「死ぬのは1年後」という確信だ。

違う。余命宣告があっても人間は今日死ぬかもわからない。

どれだけ注意していても、何かのトラブルに巻き込まれる事もある。

だから、例え数十年人生があるとしても、今日が最後の気持ちで生きなければならない。

成功する人は自分の寿命や余命を信じない。

何故なら常に死と向き合っているからなのだ。

Ekusia  ※著者のFBアカウントです。ご質問やご要望などコチラからお問い合わせください。

<<もう読みましたか?成功する人の考え方>>

side280px_banner2
人間は何かのきっかけで変わることができる!
<<成功する人の考え方絶賛発売中>> 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!
2960993336_120ee33b26_z

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...