• 家族
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

成功する人の素敵な価値観

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう ––

 9523960049_28003e002c_z


STEP1 「成功する人が考える」生きていく価値観

 「成功とは一過性ではなく、永続的に発展する事である」という事です。

※難しくない話なので最後まで読んでくださいね! 

そんなこと「成功する人の考え方」の読者の皆さんでは常識ですよね!

今日が幸せでも明日が不幸なら意味がない。

成功者の多くは「永続的発展する成功」を意識し、様々な学問をしながらも結果的にある学問に行きつきます。

それが「哲学」です。

日本では残念ながら義務教育では積極的に哲学をやりません。

しかし成功する人になる為の価値観を養う為には「哲学」はとても重要なのです。

今夜はそんな価値観について考えてみたいと思います。

テーマは「真善美」です。

 

「真 善 美」それは古くより伝えられる生きる上での価値観で英語では「truth, goodness, and beauty」と呼ばれています。

「真実 or 偽り」真実なのかそれとも偽りなのか。

「善 or 悪」これは善なのかそれとも悪なのか。

「美 or 醜」あれは美しいのかそれとも醜いのか。

  例えば

「正しい事で美しくても偽りであってはならない。」

うん!理解できます。偽りだったら全部が偽りじゃん!

「真実で美しいけど悪いこと」

ダメダメ。悪いことなら警察につかまっちゃうよ。

これらの例題から考えてみると
素晴らしい価値観とは「真善美」がすべて成立したときなのでしょうか?

 


14157332980_35ebd2bab8_z


STEP2 「成功する人の考え方」と論語

 では「真善美」を学んだ後にこの物語を読んでみましょう。

ある時、葉公さんが孔子先生の所にやってきて(自慢そうに)言いました。

「わたしの村には正直者の躬という男がおりましてね。とても正直な奴なのです。」

「それはどんな正直者なのです?」

「いや、その躬という男には父がおるんですが、ある時、村に羊が迷い込んだんです。そこで躬の父はチャンスとばかりに羊を自分の家に連れ帰ったのですよ。ただ躬という男は正直者であるから警察に連絡したんです。」

「うちの父が羊を盗みました」と

孔子先生。躬は正直なやつでしょう。

男は自慢げに孔子に告げた。しかし孔子は少し残念そうな顔でこう言った。

「葉公さん。わたしの村の正直者はあなたの村の正直者と少し違います。」

「へ?どうちがうんですか?」

「わたしの村の正直者であればきっと父は子のために罪を隠し、子も父の為なら罪を隠すでしょう」

葉公は驚いて「そんなのは正直じゃないじゃないか!」

孔子は落ち着いて言いました。

「葉公さん。隠すという事は悪いことだと思います。しかし親子には情愛という心があり、それは善悪よりも自然に備わっているだいじな物です。つまり正直というのは互いに隠し合っているその中に含まれている心なのではないでしょうか?」

※原文よりも少し崩して書きました

 「真善美」これはとても大切な価値観です。しかし、人間は生き方や愛情の中にも真善美だけでは表すことのできない「大切なもの」も含まれているのかもしれません。

<<記事は毎日20時に配信しています。記事が良ければいいね!をお願いしますね>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...