• 家族
  • この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

成功する人が持つ永遠の青春とは?

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう ––

400369629_1a0b7679db_z


STEP1 あなたを輝かせる青春という時代

 あなたにとって青春とはなんですか?

学生生活?

それともスポーツやクラブ活動?

 

もしかしたら「今が青春だ」という人がいるかもしれません。

わたしにとって青春とはなんだろう?と考えているとき、あるポエムと出会いました。

本:宇野収・作山宗久、『「青春」という名の詩』、 産業能率大学出版部 作:サミエル ウルマン

「青春」作:サミエル ウルマン

青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相をいうのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱

怯懦(きょうだ)を却(しりぞ)ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心
怯懦(きょうだ) :臆病で気の弱いこと
こういう様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、孤疑(こぎ)や、不安、恐怖、失望
孤疑(こぎ)   :疑ってためらうこと
こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ

精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。
芥:ゴミ、チリ

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

いわく
「驚異への愛慕心」
愛慕心(あいぼしん)愛して、懐かしみ慕うこと。

「空にきらめく星辰(せいしん)」
星辰(せいしん) :星のこと、辰は天体のこと

「その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰(きんぎょう)」
欽仰(きんぎょう):つつしみあおぐこと

「事に処する剛毅な挑戦」

「小児の如く求めてやまぬ探求心、人生への歓喜と興味」。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。

人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。

希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、 そして偉大の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え。悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽(おお)いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそ人は全くに老いて、神の憐れみを乞うるほかはなくなる。



4942790007_08f6fa9c95_z


STEP2 青春とは今なのだ

 私たちの青春は過ぎ去った過去かのか? それとも真っ只中なのか?

もしあなたが今を青春と呼ぶのなら「今を楽しまなければならない」

私たちは1日平均16時間は起きている。その間で働く時間は約半分だ。

だからまず仕事を楽しまなければならない。

仕事や業種に上下はない。あるのは

「楽しんでいるか。嫌々やっているか」である。

「嫌々にやっている人には共通点がある」

それは「わたしは仕事によってAさんを幸せにしました」という事が語れないという共通点だ。

誰も喜ばしてないから面白くないのである。

成功する人とは「今を楽しんでいる」そしていつが青春と聞かれたら必ず「この瞬間が青春」だと答えるでしょう。

 

そして成功する人が今を青春だという理由。それは「誰かを幸せにしている」からなのだと思います。

<<今日も読んでいただいてありがとうございます。>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...