• 物語
  • この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

経営の神様が教えてくれた成功する人の学び方

Pocket
Share on LinkedIn

 <For great choices in life>
人生の偉大な選択肢を

20100828_191892


STEP1 家康は家康、自分は自分

 8年ほど前、私は松下政経塾に合宿させて頂いた。季節は春でとても富士山が綺麗だった。

その時の学びを昨日のように覚えていますが、その時聞いた講話をシェアしたいと思います。

 山岡壮八という人が徳川家康の伝記を書きました。

あれが相当、実業界で流行ったのです。

経営する者は家康の伝記を読めと言うのです。

家康はどういうときにどういう人を使っているか、どういうようになっているかということがちゃんと研究して書いてあるのです。

これは非常にためになるというので、実業界の幹部たらんとする人はみなそれを読んだわけです。

 

それを私はある人に勧められたのです。「君も読んだらどうか」と。

 

「どういうわけで読むのか」と聞くと、「それはつまりナカナカ為になるぞ」と言う。


 家康


STEP2 真似を超えて参考し実践する。

 「いやそれは、ぼくはあかん」と私は言ったのです。

「なぜあかんのか」「それは君、家康しかできないことが書いてあるのだろう。

家康でない者が家康のする通りしたら失敗するではないか。

自分は読む必要がないと思う。

 

けれどそれはオモシロいから読めとか、慰安になるから読めとか、軽い参考になるから読めと言うのだったら、それは読むけれども、ためになるからそのとおりやれとなると、これはえらい失敗をする。松下と家康とは違うのだ。家康も僕のした通りやったら失敗するだろうし、ぼくも家康のしたとおりやったら失敗する。」

素晴らしい週末を!

 

 


Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...