• 思考
  • この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

経験は柔軟を奪う

Pocket
Share on LinkedIn

–– 知識ではなく実践できる学びを得よう ––

7294655778_8e04bc53aa_z


STEP1 強くなる必要などない。

 人は困難や苦境に立たされた時、「強くなければ」と思ってしまいます。

しかし、強いからといって成功するとは限りません。

なぜなら自然界はいつも柔軟であるからです。

優れた「成功する人達」は強いということ意識せず、柔軟であることを大切にします。

強さから得た経験は「柔軟性を欠いて」しまう事に気がついているからです。

 自然界というものは、常に相手を変えるのではなく自分を変えることで調和を図ります。

しかし柔軟性を欠いた人間は「相手を自分の希望する形に変えようとします」

多くの経験は私たちに沢山の知識を与えてくれます。

しかし経験があるばかりに柔軟性を欠いてしまう事もあるのです。

年齢を重ね、多くの経験を得るということは、自分に自信をつけていくということ。

しかしその自信も人によっては感覚が違います。

自分が築いてきた世界に、経験と言う裏付けと共に自信を持つ。

そして視野が狭くなっていく。

そうなると残念ながら自然界の法則に反しますので、成功する法則から外れてします。


14357037727_2155fd1565_z


STEP2 世界観を残しながら自分の常識を壊す

 人間は歳を重ねながら自分が作ってきた世界で生きているものです。

その為、自分の柔軟性は自分では見る事ができません。

柔軟であるという事は「無限の可能性を持つ」という事です。

柔軟であれば「どんな人物にでもなれます」

だから部下を持つ立場の人、後輩を持つ先輩は常に考えてください。

わたしは「柔軟なのだろうか?」と

以下の事が当てはまれば要注意です。

・業種に偏った思考やアイデアが出る

・他人の話よりも、自分が話すことが多い

・活動範囲、関係を持つ範囲が広げない

・新しいことに挑戦しない

・それまでの経験や自分の知識に自信がある

柔軟であるという事を是非意識してください。

<<今夜も読んで頂きありがとうございます>>

 


 

 

Pocket
Share on LinkedIn

成功する人の考え方の本が発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

成功する人の考え方の最新記事を心を込めて
毎日お届けします!

今人気の成功する人の考え方の記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています...